To The Sky 2 風のささやき...

bigfly.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 08日

170708 寂莫の粉河

f0373022_21593023.jpg
ASW-28森上機のローパス。綺麗!
でした が・・・・





f0373022_21593943.jpg
今日は森上さんと二人。私は3回目のセレニティの飛行、ASW-18持参しました。
f0373022_21594227.jpg
f0373022_21594754.jpg
f0373022_21594949.jpg
f0373022_21595414.jpg
森上さんのASW-28、1/6スケールで私の今製作中のASH-26と同サイズ。
いろいろ参考になります。
f0373022_21595906.jpg
f0373022_22000627.jpg
f0373022_22001114.jpg
二人貸し切り状態でした。私のセレニティは3回目でようやく空へ。
ところが着陸するとキャノピーが途中で外れたようで、せっかく飛べたのにまたもや休養へ。
これがけちの付き初め。
f0373022_22001444.jpg
f0373022_22001871.jpg
f0373022_22002179.jpg
f0373022_22002413.jpg
f0373022_22002942.jpg
f0373022_22003310.jpg
ASW-28は絶好調!
私はASK-18を飛ばしたのはいいのですが、そんなに急激な舵を切った覚えもなかったのに、低空
からのモーターONのあと少し上昇後、またもやハビヒトの二の舞でバンザイ。
5/20の初飛行から2か月経たずに昇天・・・・・修復は不可能に近い全損の為、必要部品を外したのち
スクラップ処理。残念!かなりへこみます。
f0373022_22003622.jpg
f0373022_22004028.jpg
f0373022_22004695.jpg
f0373022_22005072.jpg
森上機は好調で3回めの飛行を終え着陸。
f0373022_22005332.jpg
f0373022_22005603.jpg
そこでパイロットのいないASW-28にリンちゃんをお嫁入。
そして最後の4回目の飛行でまさかのノーコン。
先の所有者の修復後の尾部が折れてしまいましたが、その他は奇跡的に無事。
しかし、今日は寂莫の風が吹き抜けるような残念な結果となりました。
私はお払いが必要か・・・・



[PR]

by YasuKuro9602 | 2017-07-08 22:23 | ラジコン | Comments(2)
Commented by 川上です at 2017-07-11 09:37 x
黒松さん ASK17残念でしたね。気合入れて作られたのに…。

カンザシ受け部の破損でバンザイ墜落、最近良くみかけます。
ARF機ではカシオペアのASK21、これはカンザシ受け部の補強が全然なされていなかったです。
キットではプエミアムユウガやライハーなどガルウイング機でカンザシが長く取れない機体で補強が十分でない場合あっけなくバンザイしましたね。
最近ではアリゼが2回墜落です。(1回目は元オーナーによるもの)これは薄翼化でカンザシ受けがスパーの中になく、横抱きの設計になっていて、ちょっとした速度超過でむしり取られるのです。
現在修理中ですがスパーとカンザシ受けにかけてバルサ表皮にグラス補強してみました。
今度は大丈夫と思うのですが…
2.4GHzプロポのノーコンも時々ありますが、原因が分からないと怖いですね。

Commented by YasuKuro9602 at 2017-07-16 17:51
川上さん、お久しぶりです。早々コメント頂いていたのに、気が付かずごめんなさい。
ハビヒトは同じガル翼の為、カンザシが短かったのか、はたまたもう5年以上になるので弱っていたのかわかりませんが、サーマル工房のホームページではしっかり曲技もこなしていました。
ASK-18はよくわかりませんが、高度が低くなったので、モーターONにしてアップを引いたのが急激すぎたのか、または、カンザシ部の補強が不十分だったのかもしれません。
ハビヒトは気に入っていたので、そのうち又、製作したいと思っています。
ちょっとお払いが必要かも・・・・


<< 170715 ASH-26の製作2      170702 連チャンの粉河 >>