2017年 02月 11日

170211 ASK-18の製作4

f0373022_20035678.jpg
さて生地完成まであと一息。
今日は猛寒波の為、飛行は取りやめでASK-18の製作を進めました。





f0373022_20040238.jpg
垂直尾翼を胴体に取り付け、水平尾翼を仮止め。
f0373022_20041071.jpg
主翼のカバーを胴体とすり合わせ。
そしてキャノピー枠を胴体に合わせました。
f0373022_20041567.jpg
主翼と胴体をすり合わせで取り付けました。
f0373022_20042441.jpg
右横から見るとこんな感じ。
f0373022_20043957.jpg
主翼の上下に出るスポイラーを開いたところ。
f0373022_20044312.jpg
モーターを仮止めし、ノーズコーンにシャフト穴を慎重に開けていきます。
ピッタリ決まったら先端にベアリングを埋め込んで、瞬間接着剤で固定。
ここは冷や汗もので、一寸づつ進めました。
これでおおよその生地完成となります。







[PR]

by YasuKuro9602 | 2017-02-11 20:15 | ラジコン | Comments(2)
Commented by 河上 at 2017-02-25 22:54 x
始めまして、宇都宮の河上と申します。
私は退職後にRCを始め、最近はグライダーに凝っていまして、特にサーマル工房の機体が気に入っています。私も昨年ASK-18を手に入れまして秋口に完成させて飛ばしましたが、サーマル工房製の他のスケール機(1/5MINIMOAや三田式)のようには素直に飛びませんでした。激しい頭上げとピッチング運動をして危うく墜落、という寸前でした。
その後、重量を増やして(初飛行は1800g現在は2200g)素直に飛ぶようになりました。
この機体はサーマル工房でも開発にトラブって発売が2年ほど遅れた経緯がありますよね。

是非、クロちゃんの飛行初飛行の様子を教えて下さい。
私の検討によると、どうやら主翼の空力特性が低速で大幅に劣化することが原因と見ています。

それにしてもクロちゃんの製作技術は見事ですね。感心しました。

栃木県宇都宮市西川田 河上 宣道
norm-kawakami@a-net.email.ne.jp
Commented by YasuKuro9602 at 2017-03-04 17:40
> 河上さん
始めまして、ブログを見ていただきありがとうございます。ワンエイトは少しトラブっていたようですね。もちろん、初飛行の様子はアップさせていただきますが、まだもう少し先になる予定です。


<< 170218 粉河      170205 ASK-18の製作3 >>